呉服のひぐち

千葉県松戸市の呉服販売、貸衣装・レンタル(成人式の振袖、男袴、卒業式の女袴、七五三、入学式の訪問着)、着物のリメイク-呉服のひぐち

着物レンタル

WEBSHOP

着付

着物のお手入れ

おしらせ

インフォメーション

アルバム

 

Tポイント始めました!

 

Tポイント貯める・使う!
ご来店のお客様限定

 

やまとなでしこローン

 

メール会員登録

 

 

ブログ

浴衣の歴史

呉服のひぐち

夏といえば浴衣を連想される方が多くいらっしゃると思います。お祭りや花火大会などのイベントに合わせて着物を着ることも、現代では一つのイベントになりつつあります。こちらではそんな浴衣の歴史をご紹介いたします。

浴衣の起源とは?

浴衣の起源は平安時代とされています。もともとはお祭りや花火大会などのイベントに参加する時に身につけるものではなく、蒸し風呂に入る時に火傷から身を守るため・湯上りに体についた水滴を拭うために身につけていたのです。この頃は浴衣という名前ではなく、「湯帷子(ゆかたびら)」といった名前でした。帷子は麻の着物です。このように浴衣の起源を振り返ると、名前や素材の違いを見つけることができます。

浴衣が大流行した江戸時代

時代が流れて江戸時代中期になると銭湯が広まり、綿が普及し、木綿で作られた浴衣が庶民に愛されるようになりました。この頃からお風呂に入る時に身につけるのではなく、湯上り着として身につけるようになり、浴衣と呼ぶようになったのです。快適に過ごすことができるように色にも工夫していた昔は、光を反射することができる白や蚊を寄せつけない天然染料で藍色に染めていました。

夏の風物詩となった浴衣

少し地味なデザインが多かった浴衣も時代が流れるにつれてブランドがデザインしたおしゃれな柄やカラフルな色を取り入れて、洋服を身につける現代でも気軽に身につけることができるようなデザインが増えています。そのため、夏のイベントには子供から大人まで夏を満喫することができる定番スタイルとなったのです。

浴衣はこのように古い時代からたくさんの方に愛されてきました。浴衣は大切なパートナーとお揃いで着用するだけでなく、お子様とお揃いで着用して楽しむこともできます。通販で魅力的な浴衣をお探しの方は、呉服のひぐちをご利用ください。呉服のひぐちでは大人用のブランド浴衣やお買い得な浴衣だけでなく、子供用の浴衣も販売しています。男の子用・女の子用の本染め(注染)子供浴衣をご用意していますので、お子様にぴったり合う浴衣も見つけてください。帯などの小物も取り扱っています。

浴衣の歴史 | 浴衣・甚平について | 浴衣の魅力について | 着物レンタルのメリット
七五三着物レンタルなら呉服のひぐちで | 季節と浴衣の柄について | 甚平の基礎知識
浴衣のお手入れと保管のポイント | 着物の種類と良さについて | 七五三の由来について
 
店名 呉服のひぐち
住所 〒270-2224 千葉県松戸市大橋334-5
電話・FAX 047-392-3915

営業時間
9:30~18:30
URL https://www.5298higuchi.com
http://www.5298higuchi.jp
説明 千葉県松戸市の呉服のひぐちは、レディース(女性)・メンズ(男性)・子供の浴衣や着物、甚平を取り扱っております。着物販売(通販)は訪問着から紬・和装小物まで全般ございます。小物は、巾着、扇子、髪飾り、はんてん、草履、下駄、足袋、帯などがございます。着物や袴レンタルは成人式・七五三・卒業式・結婚式などの際にいかがでしょうか。着物のお手入れに関しては、クリーニング(丸洗い)・シミ抜き・洗張り・染め替え・紋入れ・お仕立など対応しております。着物教室は初心者から学べる内容になっております。お客様の身になって着物やゆかたのことならどんなことでもご相談に応じますのでお気軽にご来店下さい。