呉服のひぐち

千葉県松戸市の呉服販売、貸衣装・レンタル(成人式の振袖、男袴、卒業式の女袴、七五三、入学式の訪問着)、着物のリメイク-呉服のひぐち

着物レンタル

WEBSHOP

着付

着物のお手入れ

おしらせ

インフォメーション

アルバム

 

Tポイント始めました!

 

Tポイント貯める・使う!
ご来店のお客様限定

 

やまとなでしこローン

 

メール会員登録

 

 

ブログ

HOME»  コンテンツ一覧»  七五三の由来について

七五三の由来について

呉服のひぐち 七五三は、我が子が無事に成長した感謝の気持ちをあらわす行事です。一般的に三歳七歳の女の子、三歳と五歳の男の子が対象となります。

起源について

昔は幼児の死亡率が非常に高かったようで、江戸時代のある将軍の記録によると、幼児死亡率は50パーセント前後となっています。死因は麻疹や疱瘡などの伝染病が最も多く、そのため「七つ前は神のうち」という言葉が残っているほどです。

平安時代の赤ちゃんは生後七日目に産毛を剃り、三歳まで坊主頭にする風習がありました。そして男女とも三歳になると、髪置(かみおき)という儀式を行ってから髪を伸ばし始めました。男の子は五歳になると袴をはくことを許される袴着(はかまぎ)の儀式が行われ、四方に向かって神に祈りを捧げたといわれます。女の子は七歳に子供用の付け帯から、大人用の帯に替えることを許される帯解(おびとき)の儀式が行われ、魂を体内にしっかり留めるように願いを捧げたといわれます。

これらの風習が貴族から武士に伝わり、明治時代になると庶民も行うようになりました。七五三が11月15日に行われる由来については諸説あります。三代将軍の徳川家光が孫の袴着の儀式を11月15日に行った、鬼が出歩かない吉日の鬼宿日に行った、1年の豊作を祝う霜月祭の日に行ったなどが挙げられます。

年齢について

明治時代の商人たちの宣伝もあり、七五三は家の近くにある神社で行うようになりました。伝統的な七五三は数え年で行います。例えば、生まれた年が2010年の3月であれば三歳は2012年が三歳、2014年が五歳、2016年が七歳となります。しかし現在では年齢にあまりこだわらないので、通常の満年齢でも問題ありません。

千歳飴について

千歳飴は子供が長生きするよう、東京浅草にあった飴屋の平野甚右衛門によって考案されました。千歳とは千年という意味を持ち、長く伸びる飴のように延命長寿を願う気持ちが込められています。また、千歳飴の袋には歳の数だけ飴が入っていて、これらをご近所や親せきに配るお福分けという風習もあります。

呉服のひぐちは着物の販売やレンタルサービスを行っています。通販サイトでは七五三商品も豊富に取り揃えています。着物以外にも髪飾りなどの小物も販売しています。また、肩上げも承っていますので、七五三用の着物に関することなら、お気軽にご相談ください。

浴衣の歴史 | 浴衣・甚平について | 浴衣の魅力について | 着物レンタルのメリット
七五三着物レンタルなら呉服のひぐちで | 季節と浴衣の柄について | 甚平の基礎知識
浴衣のお手入れと保管のポイント | 着物の種類と良さについて | 七五三の由来について
 
店名 呉服のひぐち
住所 〒270-2224 千葉県松戸市大橋334-5
電話FAX 047-392-3915
営業時間 9:30~18:30
URL https://www.5298higuchi.com
http://www.5298higuchi.jp
説明 千葉県松戸市の呉服のひぐちは、レディース(女性)・メンズ(男性)・子供の浴衣や着物、甚平を取り扱っております。着物販売(通販)は訪問着から紬・和装小物まで全般ございます。小物は、巾着、扇子、髪飾り、はんてん、草履、下駄、足袋、帯などがございます。着物や袴レンタルは成人式・七五三・卒業式・結婚式などの際にいかがでしょうか。着物のお手入れに関しては、クリーニング(丸洗い)・シミ抜き・洗張り・染め替え・紋入れ・お仕立など対応しております。着物教室は初心者から学べる内容になっております。お客様の身になって着物やゆかたのことならどんなことでもご相談に応じますのでお気軽にご来店下さい。